ピンサロの特徴・システム

ピンサロとは、【ピンクサロン(和製英語)】の略であり、女性店員がフェラチオを主とした性的サービスをしてくれる風俗店です。【ピンサロ】【サロン】などと略されることが多く、また【ピンキャバ】【キャンパスパブ】と呼ばれるのも同業種です。
他にも【ファッションサロン】【サロンドヘルス】という呼び方もあり、これは比較的近年の呼び方です。
法律上の建前は飲食店として経営されており、アルコール・ソフトドリンクの提供もあります。
手頃な料金で性的サービスが受けられることから、一時には繁華街を中心にほぼ日本全国に普及し、サラリーマンや若者、高齢者など職業や年齢を問わず幅広い層に人気があるジャンルです。
現在は不況に加えて風俗店の多様化に伴い衰退傾向にあります。

深夜営業の届け出をしている店舗はあまり多くなく、営業時間は夕方16時頃~深夜1時位の店舗が多いのですが、早朝や正午前後から営業する店も存在します。
料金は5000円~8000円程度で、時間帯によって料金がスライドして高くなっていきます。
ピンサロが集中する地域では朝限定や、イベントタイムなどで2000円程度~の格安店も存在します。なお、主要都市以外の地方ではファッションヘルスなどと同じくらいの価格(1万円前後)するお店もあり、料金はサービス内容や立地によって様々です。
時間は30分~45分辺りが主流で、店によっては割増し或いは延長料金によって60分~120分分までのロングコースを選択できたりもします。

風俗店で働く女の子のレベルが高い理由

現在の風俗店の風俗で働く女の子レベルは非常に高いです。
普通に可愛い女の子が当たり前のように働いています。
風俗嬢のイメージは、ひとくせもふたくせもある容姿・・・というか不細工な子が多かったです。
では、なぜ普通の女の子が働くようになったのでしょうか。
働く理由は様々です。
買い物・学費・借金・ホスト・育児費用と色々な理由を聞きました。
ここで昔とは変わったのはホストに使う女の子の割合です。数年前までは風俗嬢=ホストの関係でしたが、
現在は非常に減ってきました。理由としては、学生やフリーターが自分のためにお金を使うことが増えたからです。
ブランドのバック・服・靴と様々な物にお金をかけて他人よりいいものを身につけたい欲求でしょう。
月末になるとクレジットカードの支払いができずに風俗で働く子が非常に多きのです。
日払いで、なおかつ短時間で高額の給料が支払われるのは風俗店しかありません。
なかには、学費や生活費のために働いて子もいます。これには応援したくなりますね。
このように、風俗の仕事が身近になってきているのです。
現在の女の子事情として性にたいする感覚は昔と違ってきているのかもしれません。
性を仕事にする世間体や羞恥心よりも働く時間と収入を考えるともっとも効率のいい仕事かもしれません。
コンビニで働く感覚で風俗の仕事している子が多いのでしょう。
好きな時に働いて、好きなだけ遊ぶ、もっとも効率がよい時間の使い方なのかもしれません。
男性にとっても、メリットのほうが多く、同じお金をだして遊ぶなら、可愛い子のほうがいいに決まってますよね。
風俗を出会いの場として利用する人も少なくないでしょう。

大阪十三のSM情報

大阪の風俗でマニアックといえばSMクラブです。
SMの多いエリアといえば十三が有名ですので、今回は十三 SM情報を中心に紹介します
まず大阪のSMクラブはどこの店もホテルヘルスの形式で営業しています。
ホテルヘルスは女性と一緒にホテルへ行き部屋の中でプレイします。
SMは雰囲気が重要ですので明るめの部屋であればイマイチSMプレイに没頭するのは難しいでしょう。
けれど十三のホテルはSMプレイにマッチした部屋がいくつか用意されています。
たとえば黒や赤を基調とした暗めの部屋やSM器具が置かれた部屋もあります。
縄やロープを吊り上げやすくまた丈夫な柱が用意された部屋など
SMプレイを楽しめるように工夫されているのです。
これなら気分を盛り下げることなくSMに没頭することができるでしょう。
但し、いくら部屋の雰囲気がSMとマッチしていましても
やはりSMはSとMの相性が一番重要です。
一見Sの理不尽な強要をMが我慢するのがSMと捉えがちですが、
SはMの反応を確かめながら飴とムチを振るい
Sに対するMの愛情の深さを確かめるのです。
愛情がなければたとえ給料がよくても嫌いな人の強要を我慢することはできないのです。
SMの世界は複雑に見えてとてもシンプルな世界なのです。